暮らしやすさと便利さを両立した街 ムリなく心にゆとりが生まれる

街区紹介

全681区画の多摩ニュータウン東山の街をご紹介します

セカンドステージ サードステージ 森4区 森5区

セカンドステージ サードステージ 森4区 森5区

メインストリート

メインストリート

街区の中心を通るメインストリートは、美しい街路樹と約14mのゆとりある幅員で、街の開放感を演出しています。アオハダとヤマボウシの二つの郷土種を中心に植栽しています。建物と道路の間には、約1.5m幅の緑地帯を設けており、道を歩く人の目を楽しませ、心を和ませます。

サブストリート

サブストリート

なだらかな傾斜とゆるやかなカーブが連なる「サブストリート」。
南ゲートからクラブハウス方面へ丘の道を進みふり返ると、多摩ニュータウンの街並みを見晴らす眺望が広がります。
歩行者の安全に配慮し、歩道を備えました。

ふれあい緑道(アニマルコリドー)

ふれあい緑道(アニマルコリドー)

森と住宅をつなぐ緑道は、四季の変化が楽しめる空間になっています。植え込みの奥には、生き物のための道(アニマルコリドー)もあります。

もりみの公園

もりみの公園

西ゲートから入ると、子どもから大人まで誰でも楽しめる、もりみの公園があります。広場や高台に向かって、空を見上げることができる「そらみの森」には、気持ちのよい空が広がっています。

東山クラブハウス

東山クラブハウス

もりみの公園の中央には、東山住民専用のコミュニティースペース「東山クラブハウス」を設置。住民同士の交流の場として、自治会イベントの拠点として、多彩に活用されています。

すだじい公園

すだじい公園

街並の南斜面につくられる柔らかな陽射しをたっぷりと感じられる公園です。樹齢200~250年と推定される「すだじいの木」を街のシンボルツリーとしてそのまま残しました。ここ東山の歴史を知る大樹に見守られながら、のびのびと遊ぶことができます。

堀之内沖ノ谷戸公園

堀之内沖ノ谷戸公園

街の中央には小高い丘に広がる森をそのまま残した、大きな公園が整備されています。緑豊かな森の中には散策路があり、都会にいながら森林浴を楽しむことができ、森の豊かさを近くで感じることができます。

見晴らし台

見晴らし台

堀之内沖ノ谷戸公園内、東山のほぼ中央に位置する高台を「見晴らし台」として整備。天気の良い日には富士山を望むこともでき、東山を象徴するスポットとして、住民の憩いの場となっています。

そよかぜの道

そよかぜの道

タウンの周囲を取り囲むように残された森を散策できる遊歩道。自然の安らぎを感じられるスポットで、見晴らしの良さも格別す。

住民専用貸農園「アグリクラブ」

住民専用貸農園「アグリクラブ」

街区内には、住民専用の有料貸農園スペースを設置。本格的に農業体験が楽しめます。
※スペースには限りがあり、申し込み状況によってはご利用いただけない場合があります。

水辺のビオトーブ

水辺のビオトーブ

もともとあった湿地帯にすむ生き物たちの生息空間を再生するために、住宅街造成後に池のある公園を整備予定です。水辺の生態系を保全しています。

クルドサック

クルドサック

道路の行き止まり部分には、転回用のクルドサックを数か所設置。インターロッキングとシンボルツリーでデザインした空間は、まるで中庭のような景観。散策する人の癒しとなり、住まう人にとっての深い寛ぎになります。

道広場

道広場

街区の一部に、道路幅を広げたゆとりあるスペース、「道広場」を設置。路面をインターロッキングであしらい、タウン内に公園のような美しい景観をつくります。車の通行ルートと別になっているので、小さな子どもたちの遊び場として、近隣住民の語らいの場としても。

インターロッキング舗装

インターロッキング舗装

幹線道路から街区内へ入るコーナー部分には、水はけが良く、街の景観に溶け合うインターロッキングを敷設。住宅エリアへの結界性を高めます。また視覚効果によって、街へ入る車のスピードが減速される等、安全性の向上も期待できます。

堀之内寺沢里山公園

堀之内寺沢里山公園

敷地奥に広がる野山や、園内を流れる水路や畑など、里山の昔の風景を残した公園です。日陰が広がっているので、夏でも涼しく、心地よく散歩ができます。

多摩ニュータウン東山 資料請求・友の会会員募集中

資料請求・ご入会はこちらから