すだじいと森に住もう

生い立ち

ともだち

「すだじい公園」の大樹

柔らかな陽射しがたっぷりと感じられる公園です。この街のシンボルツリーである、樹齢約200年の「すだじい」は、もともとあった場所にそのまま残しました。東山の歴史を知る大樹に見守られながらのびのびと遊ぶことができます。

保存される「すだじい」の木

街づくりを進める中で、樹木はできる限り移植し、この地の継承していくよう努めています。また、人が楽しむためだけでなく、動物のための草花や実のなる樹木も随所に植樹し、森の動物たちと共存できる環境づくりを目指します。

性別:男 年齢:200歳(推定) 職業:隠居中 口癖:「○○じゃのう」 好きな言葉:「森は素晴らしいところじゃのう」 趣味:日向ぼっこ 特技:子どもたちに森の魅力を伝えること 好きな季節:寒いのが苦手(夏が好き) 好きな食べ物:ブロッコリー 好きな歌:元ちとせ「ワダツミの木」 尊敬する樹:森の巨人たち百戦にもなっている鹿児島県にある 「スダジイの巨木」を尊敬している。 また、すだ爺は色黒なので、シラカンバの樹に密かに憧れを抱いている。

すだ爺の頭にはともだちが住んでいる。もともとは、それぞれ別々に暮らしていたが、すだ爺の面白い話が聞けるのと、モコモコの頭が心地よくいつの間にか住み着くように。

わしの頭の住み 心地はどうじゃ

すだじいの住む森に行こう! 詳細はコチラ!

フェイスブック + 森ラボブログ

Loading...